査定士が実車を査定するときは所有者がその場にいなければいけないとする

査定士が実車を査定するときは所有者がその場にいなければいけないとする強制的なルールはないものの、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり所有者本人が査定に立ち会うべきです。トラブルの例としては、所有者がいなければわかるまいと元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で安く買い叩く業者もいるそうです。 (さらに…)

車を業者に売った際、入金される時期について皆さん

車を業者に売った際、入金される時期について皆さん気になりますよね。ローンが残っている場合にはその手続きが必要ですし、再度車を精査し、漏れがないかなどの確かめなければいけないので、普通は、買取の契約をした後、翌日からおおよそ1週間以内には入金されることが多いようです。 (さらに…)

車買取のシステムでは、入金まで大体どのくらいかかるか、「知りたい」とい

車買取のシステムでは、入金まで大体どのくらいかかるか、「知りたい」という人は多いでしょう。
もしローンが残っていればその手続きを行い、もう一度、車をよく見て、抜けがないか等の確かめる必要があるため、一般的には、契約をしてから1週間以内にはお金が振込される場合が多いようです。 (さらに…)

車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあ

車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという話があるようです。夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。 (さらに…)

一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大

一般的な中古買取専門店が査定の際に確認する項目は、大雑把に分類すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。 (さらに…)